読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“NBAを楽しくする” 2人組のラジオブログ

NBAとバスケが好きな2人組がNBAのチーム選手を中心にNBAに関するトピックスを対談形式のコンテンツで配信するラジオチャンネル『NBATALKCHANNEL』のブログです。Youtubeで配信中!!

第34回収録 GSWの快進撃をどう止める? 今、何が必要なのか。


スポンサードリンク

こんにちは!

NBATALKCHANNEL
広報のKBこと(こばやし)です。



開幕してはや1か月!
更新が滞ってしまっておりまして
申し訳ありません!


今回はこちら!!


開幕無傷 連勝記録更新
いているゴールデンステートウォリアーズ

No34

大きくメディアに
取り上げられていますね。


【GSW VS LAL Highlights】



ゴールデンステート
ウォリアーズファンにとっては
毎日宴の様相でしょうか...

【GSW VS LAC Highlights】

しかし、
他のNBAクラスタはじめ
NBAファンとしては
GSW一極では楽しくないもの。


【GSW VS SUNS Highlights】


ということで
今回BUTAYA∞と松本ニキに
GSWの対抗馬
ピックアップしていただいております。


(で、でもさ...)

「つ、強すぎるよね...」
(松本ニキ)


「次元が違うよね...」
(BUTAYA)


今回見込みがあるのは


==============
インディアナペイサーズ
==============



キープレイヤーは
ポール・ジョージ。

悲惨なケガから
復帰したポールジョー

彼がカリーを潰す?

その理由は...
<下記のNBATALKCHANNEL放送より>




「ん〜...でもやっぱり」


「俺たちのスパーズでしょ!?」



スパーズが対抗馬として言えるポイントは

「失点数の少なさ」

堅いディフェンスが
GSWのアップテンポな試合の流れを
断ち切るカギとなりうるか...


そしてオフェンス。


今シーズン、レナードが
好調ですしね(BUTAYA)




一方のGSWに穴はないのか...?



↓↓BUTAYAの調査結果↓↓

==============
ウォリアーズがリードされている
時間帯はシーズン通して
たったの数十分
==============

→ つまり...


これまで敗戦しているチームは

先行逃げ切り型のGSWの流れ
一気に飲まれている傾向にありますね...


ここで何とか流れを
変えていける力が必要かもしれない!


そこで堅いディフェンスが
どうしても必要なのでは...と、
BUTAYAと松本ニキで...。







==============
カリーを止め無くして
ゴールデンステートを
止める方法はない!?
==============

そうは言ってもGSWの核は彼。

ステフィン・カリー。


カリーの3ポイント確率は
もはや別次元...


3Pを打たせず2点に
抑えることが必要だろう
(BUATAYA)




”そのためには
カリー潰しにPGではなく
SG・SF級のサイズがある選手
タイトにDFをする必要が
あるかもしれない。”


3Pによる試合の展開の変化は
大きい要素。


ここを崩せば勝利の糸口が
見つかるかもしれないですね。



いずれにしても
GSWの快進撃がいつまで続くのか...
非常に見どころが
あるシーズンですね!


というところで
今回も楽しく
収録させていただきました!


今回の収録は
こちらからお楽しみください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【追伸】
リクエスト投稿フォームが出来ました!

■リクエストを送信する■
 
コメント等は
Twitter・Facebbokページにも
お気軽に下さいね♪