読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“NBAを楽しくする” 2人組のラジオブログ

NBAとバスケが好きな2人組がNBAのチーム選手を中心にNBAに関するトピックスを対談形式のコンテンツで配信するラジオチャンネル『NBATALKCHANNEL』のブログです。Youtubeで配信中!!

第37回収録【光と影】GSW快進撃の裏で連敗記録を積み上げた...どうした76ers


スポンサードリンク

こんにちは!

NBATALKCHANNEL
広報のKB(こばやし)です!


今回の内容はこちら!



◇ーーーーーーーーーーーーー◇
 第37回収録【光と影】
 GSW快進撃の裏で連敗記録を
 積み上げた...どうした76ers
 ◇ーーーーーーーーーーーーー◇

37



GSWの連勝記録が
次々に積み上げられている一方で
辛くも1勝をあげた



フィラデルフィア・76ers




「今ね、シーズン勝率4%だよ。
 このまま行ったらシーズン
 4勝くらいしか
 あげられないペースだよ」
(BUTAYA)




ーーーーーーーーーーーーーー
NBAの【影】選手たちは今...
ーーーーーーーーーーーーーー


連敗記録を重ね、
メディアにも叩かれ
ファンにも叩かれる...


そんな厳しい状況です。


「モチベーションとか
 やる気とかあるのかね」
(松本ニキ)


「難しいでしょ?
 やる気保つのも...」
(BUTAYA)



ーーーーーーーーーーーーーー
76ersがここまで
勝てない理由は
選手育成に難航したから?
ーーーーーーーーーーーーーー



76ersは若手選手が豊富だ。

しかし経験者が足りず
チームの育成に
必要なノウハウが蓄積していない。


そんな状況からしても
こうした負け続きの中で
モチベーションをコントロールする

"コートの外での立ち振る舞い"

を背中で語る頼れる選手が
76ersにはいない。


「若手のビッグマンはいい、
 彼らを使いこなすガードが居ない」
(BUTAYA)


「ベテランの存在は大きいよね
 J・テリーとか。」



シーズンも20試合を消化した中で
ここから先巻き返していくのは
大変難しい。


試合の前に「試合に向き合う
メンタルコントロール」が
必要となる。


山王戦の赤木ではないが
選手自らその域に達して欲しいものですね。

赤木





ということで
今回、第37回収録も
楽しく収録しました!


こちらから
お楽しみください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【追伸】
リクエスト投稿フォームが出来ました!
■リクエストを送信する■
 
コメント等は
Twitter・Facebbokページにも
お気軽に下さいね♪