読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“NBAを楽しくする” 2人組のラジオブログ

NBAとバスケが好きな2人組がNBAのチーム選手を中心にNBAに関するトピックスを対談形式のコンテンツで配信するラジオチャンネル『NBATALKCHANNEL』のブログです。Youtubeで配信中!!

第42回収録【FW編】 パスセンス、DFスキル、 そんなの関係ねえ! 1on1最強は誰だ!?


スポンサードリンク

こんにちは!

NBATALKCHANNEL
広報のKB(こばやし)です!


今回の内容はこちら!


◇ーーーーーーーーーーーーー◇
第42回収録【フォワード編】
パスセンス、DFスキル、
そんなの関係ねえ!
1on1最強は誰だ!? 
◇ーーーーーーーーーーーーー◇


スライド42

シーズンも半ばに差しかかかり
NBAも楽しくなってきております!


前回に引き続き

パスセンス
ⅮFスキル
数字に表れない貢献さ
...

等々、こんなものは
全て度外視して


1on1が最強なのは誰なのか?


これを決めました!
今回はフォワード編!


前回のガード編は
こちらからどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第42回収録 
1on1 最強決定戦
ガード
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ノミネート選手は以下5名!

レブロン・ジェームズ

カーメロ・アンソニー

・ポール・ジョー

・ケビン・デュラント

ダーク・ノビツキー


<L・ジェームス vs P・ジョージ>

「マッチアップ中は3Pに頼らざるを得ない?
 P・ジョージが外から決めてはいるけど」。
(BUATYA)

PGvs LJ

レブロンは色々な得点パターンがあるよね。
 ポストアップもするし、外もある」
(BUTAYA)


シーズン中でもマッチアップの機会が多い2人。
今のところはレブロンが一枚上手か?


<D・ノビツキー vs K・デュラント>

ノビツキーの弱点はフットワークなんだよね」
(BUTAYA)

ノビツキーは身長のアドバンテージはあるが
 いかんせんスピードに劣るかも。
 センター部門ならね...」
(松本ニキ)

そうなるとやはり、デュラントの1on1で
抜きさる姿が想像できるかもしれませんね。



<K・アンソニー vs L・ジェームス vs K・デュラント>

CA vs KD2


「カーメロさ、言い方悪いけど
 1on1以外に出来ることないから(笑)
 けれどもこと1on1に限って言えばかなりの力量」
(BUTAYA)

CA vs LJ

KD VS LJ2


「デュラントはDr.Jの姿を彷彿とさせる
 一面もあるし、素晴らしい選手であることは確か!」
(松本ニキ)

CA vs KD


レブロンのポストプレイを守れるのは
 カーメロだろうね、普段4番でプレイもしているし」
(BUTAYA)

CA vs LJ2

KD VS LJ


一体誰が 1on1 フォワード部門
最強なのは一体だれなのか!?

CA vs LJ3

各選手甲乙つけがたい
非常に拮抗した関係性ではありますが
この結果はリスナーさんに
どう映るのか。

楽しみでもあります。



一体NBA界最強の
フォワードプレイヤーは
いったい誰なのか!?


答えは収録の中に!!

ということで
第42回収録しました!



第42回収録はこちらから
お楽しみください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【追伸】
リクエスト投稿フォームが出来ました!
■リクエストを送信する■
 
コメント等は
Twitter・Facebbokページにも
お気軽に下さいね♪