読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“NBAを楽しくする” 2人組のラジオブログ

NBAとバスケが好きな2人組がNBAのチーム選手を中心にNBAに関するトピックスを対談形式のコンテンツで配信するラジオチャンネル『NBATALKCHANNEL』のブログです。Youtubeで配信中!!

第50回収録 【2015-2016】今シーズン注目の"アワード受賞"予想

過去収録アーカイブ

スポンサードリンク

みなさんこんにちは!
NBA TALK CHANNEL
広報のKB(こばやし)です!


レギュラーシーズンも全日程が終了し
気づけはアワードが気になりだす
時期になりましたね!



今回のトピックスはこちら!

【2015-2016シーズン】
今シーズン注目の
アワード受賞予想!!

55回



「さっそく一通り各部門の
 スタッツをなめていきますか!」
(松ニキ)



「ヒートは?我らがヒートは
 誰がエントリーされているん?
(ドキドキ)」
(BUTAYA)

堂々の1位はステファン・カリー
唯一の平均30点台
POINTSPPG
1. Stephen Curry, GS30.1
2. James Harden, HOU29.0
3. Kevin Durant, OKC28.2




今シーズンの平均得点は
30.1得点でカリーがトップ。

「久々に30点台のってきたね!」
(BUTAYA)


「素晴らしい数字ですねほんとに。」
(松本ニキ)





リバウンドを制したのは
ピストンズのアンドレドラモンド
REBOUNDSRPG
1. Andre Drummond, DET14.8
2. DeAndre Jordan, LAC13.8
3. Hassan Whiteside, MIA11.8




「14.8っていう数値って
 結構すごよねこれ?」
(BUTAYA)


「81試合中71試合が
 二ケタリバウンドっていいますから
 そのすごさが分かりますよ。」
(松本ニキ)





2位に大差のブロック王
マイアミヒートのホワイドサイド
BLOCKSBLKPG
1. Hassan Whiteside, MIA3.68
2. DeAndre Jordan, LAC2.30
3. Rudy Gobert, UTAH2.21



「うちのホワイトサイド!!
 すごいやん!!
 かつてのモーニングより
 全然ブロックしているからねこれ。」



「この先もかなり期待できる
 ポテンシャルを見せつけましたよね!」
(松本ニキ)




このほかにも収録中には
スティール、アシスト、FG%等
他のタイトルについても
触れていおります。


今シーズン素晴らしい活躍を見せた
カリーが打ち立てた記録について
物申す場面も...笑



続きは収録の中で!!


ということで
第50回収録しました!




第50回収録はこちらから
お楽しみください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【追伸】
リクエスト投稿フォームが出来ました!
■リクエストを送信する■



コメント等は
Twitter・Facebbokページにも
お気軽に下さいね♪