読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“NBAを楽しくする” 2人組のラジオブログ

NBAとバスケが好きな2人組がNBAのチーム選手を中心にNBAに関するトピックスを対談形式のコンテンツで配信するラジオチャンネル『NBATALKCHANNEL』のブログです。Youtubeで配信中!!

第56回収録【NBA】WCF サンダーが28点差でGSWに快勝 第3戦の試合を分析する!

過去収録アーカイブ

スポンサードリンク

みなさんこんにちは!
NBA TALK CHANNEL
広報のKB(こばやし)です!


今回のトピックスはこちら!

第56回収録【NBAWCF
サンダーが28点差でGSWに快勝
第3戦の試合を分析する!


スライド56


ウェスタンカンファレンスファイナルは
GSW vs OKC

1勝1敗で迎えた第3戦
試合前からドキドキしていた
一戦でした。




これまでの試合を要チェック
レイオフGSW vs OKC
第1戦、第2戦 ハイライト


レイオフ WEST
カンファレンスファイナル
【第1戦】

GSW 102 vs 108 OKC


レイオフ WEST
カンファレンスファイナル
【第2戦】

GSW 118 vs 91 OKC



レイオフ WEST
カンファレンスファイナル
【第3戦】

GSW 105 vs 133 OKC




ウエストブルックが鍵
アシストが回りだすと止められない
しかし、弱点も...


第3戦を終えて
2勝1敗でリードしたのが
サンダーだと予想したのは
レイオフ開始前にどれだけ
いたでしょうか...。



「ウェストブルックの強気の攻め。 
 自ら切り崩してDFを引き付けるアシスト。
 非常に素晴らしいと思いますね。



 デュラントも要所要所を
 詰める決定力を見せているし
 1点の重みを分かっている感が
 感じられる印象でした。」
(松本ニキ)



しかしながら
ウェストブルックの
アグレッシブなプレーの陰には
弱点となり得るところもあるようですが...



「非常に強気でそここじ開けてくるか!?
 といったところもあるウェストブルックの
 OFですが、ここまでは功を奏している様子。


 しかし、KDと比べると
 シュート数の割にはミス、
 ターンオーバーが目立つところがあり
 不安な要素もありますね。


 大切な局面で単純なターンオーバー
 なければいいですけどね...」
(松本ニキ)




レイオフの後半戦
鍵となるのは一体だれ!?


ウェスタンカンファレンス
レイオフ後半戦は一体誰が
鍵となってくるのでしょうか?


「サンダーはやはりウェストブルック。
 しかしながら最終的には他の
 ロールプレイヤーの出来が
 勝負を左右すると思います。
 
 アダムス、イバカも好調ですし、
 今はチームがノリに乗っていますから
 これを維持するのが
 サンダーは大切かな。」
(松本ニキ)


一方、ウォリーズはどうでしょう?


「トンプソン、カリーの
 スプラッシュブラザーズが
 ここまでは微妙な立ち上がりですね。

 プレイオフ後半戦は
 サンダーのDFをかいくぐり
 彼らのシュートチャンスが
 多くなるよう改善していくと思いますが...」
(松本ニキ)


シューターをフリーにする
スクリーンのナンバープレーも
豊富に用意しているGSW。



今後もGSWが繰り出すスタックプレーや
セットプレーのスクリーンの外し、
スイッチ後のミスマッチDFのケアを
徹底する必要があるサンダー。




2対2、3対3の
DF次第で簡単に3Pを決められ、
流れが傾く場面十分ありるでしょう。


今後のDFも見どころかもしれません!


第3戦で一歩リードしたOKC。
注目のカンファレンスファイナル
一体どっちがファイナルの切符を
手にするのか。

今後の試合も楽しみですね!



続きは収録の中で!!


ということで
第56回収録しました!




第56回収録はこちらから
お楽しみください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【追伸】
リクエスト投稿フォームが出来ました!
■リクエストを送信する■



コメント等は
Twitter・Facebbokページにも
お気軽に下さいね♪